児童手当の児童とはどの年齢を指すのでしょうか。
0歳から15歳の3月31日までです。
つまり、この期間であれば児童手当を受け取ることができます。

月額手当(1人あたり):


●0歳から2歳まで…15,000円

●3歳から小学校修了まで…第1子、第2子は10,000円 第3子以降は15,000円

●中学校修了(15歳の3月31日)まで…10,000円


支給日:


●10月、11月、12月、1月分…2月15日前後

●2月、3月、4月、5月分…6月15日前後

●6月、7月、8月、9月分…10月15日前後


申請方法:


引越しの際や、子供が生まれた際にはすぐに申請しておきましょう。
基本的には生まれてから15日以内の申請となります。
申請をした翌月分からの支給開始となりますが、月末出産でどうしても申請が出来なかった場合などは、役所に相談してみてください。
やむを得ず申請できなかったと認められれば申請月から支給される事が認められています。
また、引越しの場合ですが、転出届けの日から15日以内に転入届けをしなければなりません。
支給開始日は転入届けがあった翌月分からとなります。

申請に必要な申請用紙は地域によって若干の違いがあるようなので、お住まいの市区町村のホームページを確認してみてください。
また、申請用紙以外に必要なものとして、
・印鑑(朱肉を要する印鑑であれば何でも良い)
・預金通用やカード
・健康保険所のコピー(必要ない場合もある)
・所得証明書(必要ない場合もある)

現況届け:


現況届けとは現在の状況が児童手当を受け取る条件に合っているかどうかを国に報告する目的です。
毎年6月上旬に記入用紙が送られてきて、6月1日の状況を記入し、6月末までに提出しなければ、支給が受けられません。
ですので、とても大切な書類なのです。
記入の際に迷う項目として、『監護の有無』があります。
監護とは子供の面倒を見る事ですので、必ず『有』にチェックを入れておいてください。



また、収入の多い家庭では児童手当を受け取れない所得制限というものもあります。
所得制限限度額表
例えば、夫婦子供一人で扶養が2人の場合は、所得額698万円以下であれば受給できます。
この額を超える場合には、『特例給付申請』をして、1人あたり5,000円が受給できます。