2016-03-14_085559

エルバランシアの飲み方は、煮出し方式です。

ティーカップに入れてお湯を注いでも成分がでないので注意が必要です。

煮出し方法としては、1リットルのお湯に対して1パックのエルバランシアを鍋かやかんに入れて、
弱火で20分ほど火にかけます。

火を止めても成分がまだでますので、火を止めた状態でも20分ほどそのままにしておきます。

20分ほどそのままにしたら、できあがりです。


これは、お茶や漢方の煮出し方法と同じものです。

成分は100度でお湯の中に溶け出します。

1これが108度になると、より吸収されやすい成分が続けて溶け出します。

ですので、沸点が低い高地に住んでいる方や、より、成分を取り出したい方には

「圧力鍋」を使用する事をオススメします。


水は圧力を加える事により、沸点温度が上昇します。

普通の状態で火にかけても100度で沸騰したら、温度はそれ以上に上がりません。

ところが、圧力鍋を使う事により、沸点が上昇し、110度くらいでやっと沸騰します。

ですので、体に吸収されやすい成分を取り出すには圧力鍋を使う事が理想です。

ルイボスティーのアンチエイジング効果は卵子を若返らせます。

できれば、体に吸収されやすい状態で飲みましょう。

(エルバランシア公式サイト)