妊活中にビタミンAの入っている葉酸サプリを摂ってもいいの?

錠剤いろいろ

ビタミンAは妊娠中に摂ってはいけない成分といわれています。
1日20,000μg以上の摂取で赤ちゃんに異常が発生する確率が高くなります。
例えば、水頭症や口蓋裂です。
日本では症例数はあまり多くないのですが、欧米ではかなり多いようです。
原因はレバーの過食です。
レバーには確かに妊婦に良い栄養が沢山含まれています。

しかし、赤ちゃんの健康を害する栄養も含まれています。
それが、動物性ビタミンAです。

実はビタミンAには2種類ある事はあまり知られていません。
1つは動物性ビタミンAであるレチノール
2つ目は植物性ビタミンAであるβカロチン

βカロチンは人参などに多く含まれている目によい栄養素です。
沢山摂っても大丈夫です。

しかし、問題なのは動物性ビタミンAのレチノールです。
欧米では、妊娠したら栄養のあるものを摂らなければならないとの事で、レバーを大量摂取してしまう人が多いようです。
結果、障害をもった赤ちゃんが生まれる可能性も高くなるという事です。

葉酸サプリに表記されてあるビタミンAはβカロチンである場合が多いのですが、メーカーによって違います。

ビタミンAは妊婦にとって、必要性が高い栄養素ではありませんので、赤ちゃんの障害リスクを減らすためにもビタミンAの表記がある葉酸サプリは避けておいたほうが無難です。

(葉酸おすすめランキング)