妊活中の冷えを改善するには、ドコを温めるのが正解なのでしょうか?

もちろん、お腹や腰もとても効果がありますが、一番ではありません。

正解は足です。

足の毛細血管はかなり細いので詰まりかけの箇所が沢山あります。
原因は、血液がサラサラしていない事と第二の心臓といわれる太ももの筋肉が少ない事だと言われています。

足の血流さえ元に戻れば、全身の血流が改善されます。
子宮の血管も毛細血管になりますので、妊活力アップの効果は大です。
想像してみてください、子宮周りの毛細血管が、あなたの足と同じように末端冷え性である場合を。

当然、卵胞には栄養が行き届きませんし、不妊の大きな原因になる事は明白です。

足の血流を戻すためには、お風呂を工夫することが一番です。

半身浴か足湯を試してみてください。

半身浴であれば、39度くらいのお湯でみぞおちあたりまで浸かるように水位を調節してください。
30分以上リラックスした状態で入るのが一番良いでしょう。
ただ、あまり我慢しすぎると、ストレスになり、活性酸素を発生させて、卵子の老化に繋がってしまいます。
冷え改善の入浴剤を使えば効果アップです。
(冷え改善入浴剤HotTab)

足湯であれば、くるぶしが浸かるくらいまでの桶を準備してください。
そしてたっぷりのお湯も準備してください。
桶にまず水を入れておきます。
そこにまずお湯を水の3分の1ほど入れて、足を入れます。
少しぬるいと感じると思いますので、足を浸けたままお湯を少しずつ注ぎ足します。
このときのポイントは少し熱いかな、くらいの温度が適温です。
あとは、ぬるいと感じたらお湯を継ぎ足してください。

これらの入浴法で足の末端冷え性はかなり改善します。