多嚢胞性卵巣症候群は肥満や多毛症、ニキビの多い人が発症しやすいといわれています。

多嚢胞性卵巣症候群を防ぐためにはこのような症状にならないようにする事が肝心です。

肥満…

多嚢胞性卵巣症候群は糖尿病との関係も大きいといわれています。
ご家族に糖尿病の方がいらっしゃる家系は特に注意が必要です。
まずは、甘いものを制限する事から始めましょう。
ごはん、パン、パスタなども炭水化物ですので、私達の体に入れば糖に変化します。
甘いものはなるべく食べないようにして、炭水化物はなるべく量を減らすようにしてみましょう。

多毛症、ニキビ…

男性ホルモンの分泌過剰が原因です。
男性ホルモンの分泌を抑える事はかなり難しいので、女性ホルモンを増やす事から始めましょう。
女性ホルモンのエストロゲンは卵巣から分泌されます。
分泌の障害になるのが、冷えです。
女性は毎月一時的に体内の血液量が減少するので、男性よりも冷えになりやすい体質です。

改善方法としてオススメは半身浴です。
温浴効果を上げるホットタブなどを併用する事でその効果は倍増します。

また、生理中はナプキンの経血が肌を通じて直接冷やしてしまう事もあります。
特に冬場はまめに取り替える事が大切です。
しかし、睡眠中や仕事で取り替える事が難しい場合もあります。
そんな時は布ナプキンが有効です。
洗うときは確かに手間ですが、肌触りと経血で肌を冷やさない効果はあります。


多嚢胞性卵巣症候群はまだ原因が明確に分かっていませんが、ホルモンバランスを整える事で改善する事は間違いありませんので、まずは始めてみましょう。