妊活中に一番大切と言っても過言ではない事があります。

それはインフルエンザなどの予防接種です。

妊娠すると、市販の風邪薬、痛み止めなどは成分量が抑えてあるので飲んでも問題無いとは言われていますが、妊娠中の薬は飲まないに越したことはありません。

特に病院で処方される薬は副作用が強いものが多く、妊婦さんは飲んではいけないものが多いのです。

ただ、人間ですので生きていれば病気をする事もあります。

風邪やちょっとした病気で市販薬で解決できるものであればまだ良いのですが、インフルエンザなどにかかってしまうと大変です。

市販薬では解決できないものが多く、病院に行っても薬を処方してもらえません。

40度を超える熱があるのに治療することが出来ないことほど辛いことはありませんね。

ですので、妊活を始めようと思ったら、まずは予防接種を受ける事をオススメします。

因みに、今まで受けてきた予防接種って記録してますか?

予防接種は受けてから数年経つと免疫が無くなってしまう事も多いのです。

記録をつけていないと自分にどの抗体があるか、いつ受けたものなのかがわからなくなります。

そんな時に便利なのが『抗体検査』です。

自分に今、何の抗体があるのかを調べることができます。

お住まいの役場に聞いてみるとすぐにわかるはずですよ。