妊娠中はカフェインを摂取してはいけませんとされていますが、妊活中はどうなのでしょうか?

そもそもコーヒーやお茶などに入っているカフェインは身体を冷やす作用があると言われています。

つまり、妊活の一番の大敵である『冷え』を招いてしまうのです。

冷えはホルモンバランスを崩し、免疫力を弱め、妊娠しにくい身体を作ってしまいます。

では、ホットで飲んだら大丈夫じゃない?

と、思われる方も結構いらっしゃいますが、ホットで飲んでも身体を冷やしてしまいます。

それは温度に関係なく、カフェインという成分は身体を冷やす成分だからです。

ですので、妊娠中、妊活中に関わらずカフェインはなるべく摂らない事がスムーズに妊娠に繋がります。

1杯くらいならいいや、と思われている方もいらっしゃると思います。

確かに1日1杯くらいでしたら妊活には大した悪影響は及ぼしません。

しかし、その1杯を続けていくうちに、2杯も3杯も変わらないと勘違いしてしまい、カフェインが知らず知らずのうちにどんどん増えてきてしまう人が沢山います。

妊娠したらどうせ飲めなくなりますので、妊活中から少しずつ量を減らす努力をしていくことをオススメします。

妊娠してから急にやめようと思ってもなかなかやめられないものですし、やめれたとしてもかなりのストレスになってしまいます。

そうなれば本末転倒になってしまうので妊活中から頑張りましょう!!