妊活中には卵子の質を上げる事が大切です。

卵子はお母さんの年齢と共に歳をとります。

卵子はお母さんが生まれてきた時から持っていて、新たに作り出されることはありません。
毎月、1つずつ排出されます。

卵子の質はお母さんの肌質をみればすぐに分かるといわれます。
お母さんの肌がつやつやでハリがあれば、卵子も健康な証拠です。

もし、肌の調子が悪ければ、卵子の質もあまり良くない状態といえます。

卵子や肌に最も悪いのが、活性酸素と言われており、身体の冷えやストレスによって活性酸素が生み出され、
肌質や卵子の質を老化させてしまう原因になると考えられています。

まず、冷えの改善ですが、普段の食生活ではなるべく『しょうが』を摂る事を心がけましょう。
しょうがは血行を改善し、体がポカポカしてくる事を実感する事ができます。
また、しょうがよりも効果がある食材として、『マカ』があります。
マカは血行を改善し、血管を拡張させる働きがありますので、男性の精力剤としてよく用いられます。
この効能が末端冷え性を改善できるので、現在では妊活中の方や、冷え性で悩んでいる女性にも愛用者が増えているようです。
現在、マカは女性専用も開発されていますので、興味のある方はチェックしてみましょう。
有機マカモラーダ100(男性用の不要な成分が一切入っていない女性用の純粋なマカになります)

既にストレスや冷えで卵子や肌の質が落ちている方にはミトコンドリアの活性化をオススメします。
卵子の中にはミトコンドリアが存在しており、細胞のエネルギーの源になります。
ミトコンドリアが弱って老化してくると卵子の元気がなくなり、様々な婦人病の原因や受精しにくくなってしまいます。
現在ではミトコンドリアを活性化させるサプリメントもあります。
ミトコア300mg(主に肌のハリや卵子の若返り効果を希望している方に人気です)


このように、冷えやストレスは妊活にとってまずはクリアしなければならない壁になりますので、普段の生活習慣から見直す事が大切です。