妊活中でも風邪は大敵です。
妊活中、妊娠中、共に薬には多かれ少なかれ副作用があります。

もし、自力で解決できないようであれば、まずはかかりつけの産婦人科に相談しましょう。
なるべく副作用の少ない薬を処方してくれる場合もあるようです。

市販薬であれば、裏の説明を良く読んでください。
もし、妊婦へ服用の説明書きがあるようであれば、飲まない方が賢明です。
もし、説明書きがなければ、飲んでもかまいませんが、あまりオススメできません。

風邪をひいてからでは遅いので、まずは普段から免疫力を高める努力をしておきましょう。
一番手っ取り早いのが基礎体温を上げる事です。
体温が1度上がれば身体の免疫力が60%アップすると言われています。

妊活中であれば、普段から半身浴、足湯、しょうがの入っている食べ物を食べ、睡眠を良くとりましょう。

しかし、努力しても風邪をひいてしまった場合には、まず自力で治す事を考えましょう。
薬に頼るのはあくまでも最終手段だと考えましょう。

風邪をひいてしまったらペットボトル、できれば保温タイプの魔法瓶がよいのですが、温めたスポーツドリンクを入れておき、枕元に準備します。
これを大量にのみましょう。
スポーツドリンクは体液に最も近い液体のため、利尿作用があります。
風邪の毒は尿になって排出されるデトックス手法です。
早く治すコツは喉が乾いてから飲むのではなく、もう飲めないと感じてももう少し飲むことです。

また、首の両側、両脇、股間には大きな血管がありますので、ここを湯たんぽなどで温めることにより、免疫力を高めることができます。
一時的に熱が上がりますが、汗をかいたらすぐに下がります。

口に入れるものでは、しょうがホットコーラがおすすめです。
コップにコーラとしょうがをすりおろしたものをいれてレンジでチンしたものです。
コーラは栄養価が高く、しょうがは血流促進してくれるので大変効果が高いです。

インフルエンザでなければこの方法で治しましょう。