妊活には冷え解消がかかせません。

冷えはホルモンバランスや子宮の血流に大きな悪影響を及ぼします。

特に末端冷え性は注意が必要です。
流産や着床できない原因の大きなものが冷えであるという事を覚えておいてください。

冷え改善には身体の内から改善する食事療法と、外から改善するお風呂の方法があります。

外から改善するお風呂には大きな注意点があります。

それは、急に温めすぎないという事です。

具体的には熱いお風呂は避けましょう。

温かいと感じる温度で30分ほど半身浴で入る事が効果的です。

熱いお風呂だと心臓に負担をかけてしまい、活性酸素を大量発生させてしまいます。

あくまでも熱いと感じない温度で長く浸かりましょう。

半身浴で第二の心臓と言われる足の血流が良くなり、心臓に負担をかけることなく、全身に温かい血流が流れて、ドロドロだった血液もサラサラになってきます。
頭部にほんのり汗をかくくらいが理想です。

また、生理中の入浴方法ですが、お風呂だと雑菌が侵入してしまう恐れがあるのでシャワーにしておきましょう。
冷え解消として『足湯』をおすすめします。

足湯であれば温度を気にする必要はありません。
少しピリッとする温度がよいでしょう。

桶とポットとタオルを準備しておいて、桶に半分くらい水を張った状態でポットのお湯を注ぎます。
自分で丁度良いと感じる温度で足を入れてください。
5分くらいすると冷めてくるので、ポットのお湯を足してください。
すごく気持ちいいですよ!!

また、足の臭いが気になる方は『お酢』をコップ半分くらい入れてみてください。
臭いの原因である細菌をお酢が殺菌してくれます。