妊娠する前に国からの妊娠・出産補助である『助成金』を抑えておきましょう。

出産(自然分娩)は健康保険がききませんので、助成金でまかなわないと50万円~100万円ほど自己負担となり、大変な痛手となってしまいます。

安心の笑顔で赤ちゃんを迎えるためにも、まずは知っておきましょう。


①妊婦健康診査助成券…14回分の健康診査補助券がもらえます。
(検診費用約10万円の負担がほぼゼロになります)

②出産育児一時金…子供1人につき42万円までもらえます。
(出産費用約50万円~100万円の負担が減ります)

③高額療養費…自己負担が定められている上限を超えると還付がもらえます。

④児童手当…1万から1万5千円が4ヶ月ごとにもらえます。

⑤乳幼児の医療費助成…医療費の還付金をもらえます。

⑥高額療養費制度…月額81,000より多い負担の場合にもらえます。

⑦出産手当金…出産のため、仕事を休んでいる期間の生活費をもらえます。