葉酸を摂れば、赤ちゃんの発達障害のリスクは減るの?

葉酸発達障害

発達障害にはいくつかの症状があります。
その中に自閉症という発達障害があります。
特に人とのコミュニケーション能力が低い障害です。
人と目を合わせられなかったり、会話がかみ合わなくなるのが特徴です。
これは、先天性の脳の病気だという事が判っています。

葉酸を厚生労働省が推奨しているのは、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らす事が目的です。
しかし、神経管閉鎖障害は葉酸が不足していると発生しやすい最も重い障害です。
それよりも軽い障害が発達障害です。
赤ちゃんの脳や神経の基礎は妊娠10週目までに作られます。

この期間に葉酸が不足したり、喫煙、アルコールの影響によって、赤ちゃんの発達障害のリスクがグンと高まってしまいます。
喫煙やアルコールは活性酸素を発生させますので、葉酸を充分に摂っていたとしても、その栄養が充分に届かずに
神経形成を阻害してしまう事があります。

ですので、妊活中、妊娠中はタバコやアルコールはなるべく抑えて、葉酸を沢山摂る事が肝心です。
また、ストレスも活性酸素を発生させる要因なので、日頃からリラックスできる環境を作っておきましょう。
お風呂などは巡りも良くするのでおすすめですよ。

(葉酸おすすめランキング)