妊活ママの葉酸巡り

1人目妊娠中に葉酸を始めたが、タイミングを間違えた事に気付き、2人目妊活では最高の葉酸を与えようとめぐり巡った末にたどり着いたのが・・・

投稿者:daileen

葉酸とお茶の関係とは

葉酸サプリを飲むときにお茶と一緒に飲んでも大丈夫?

葉酸お茶

お茶の種類にもよります。
特に緑茶はカフェインが多いので止めておきましょう。
他にもカテキンは葉酸の吸収を阻害するとも言われています。
お茶であれば、麦茶かルイボスティーがおすすめです。
麦茶はカフェインがほとんど含まれていないのが特徴です。
ルイボスティーであれば、女性ホルモンを正常にさせる効果もありますし、カフェインも含まれていません。

やはり特にダメなのは緑茶とコーヒーです。
この2つはカフェインが豊富で、自律神経に悪影響を与えてしまいます。
妊活中、若しくは妊娠中にはカフェインを摂るのはなるべく控えておきましょう。

葉酸サプリを飲むときには、やはり、水が一番です。
吸収を阻害するような成分はありませんし、副作用のある成分もありません。
もし、水道水が心配であれば、浄水器を取り付けるか、ウォーターサーバーが良いですね。
しかし、最も良いのは蒸留水です。
蒸留水には何も含まれていません。
いわゆるピュアウォーターです。
蒸留水を飲むことによって、体の老廃物を吸収して、排出するデトックス効果があります。
特にむくみなどで悩んでいる人には最適です。
このように葉酸サプリを飲むのに必要な水分についても気を使う事が大切です。
(葉酸おすすめランキング)

葉酸はスムージーからでも摂れる

つわりがひどくて葉酸をサプリで摂るのが難しいんだけど

葉酸食品

つわりの時はサプリがなかなか飲めないものです。
ピルカッターという解決方法もありますが、スムージーで葉酸が摂れるものもあります。
それは、葉酸グリーンスムージーです。

サプリよりも飲みやすいスムージーなので、つわりがひどくても安心です。
葉酸は200μg含まれています。
厚生労働省の1日の推奨葉酸摂取量は480μgですので、半分ほどしかありませんが、サプリが全然だめだった人にはおすすめです。

葉酸グリーンスムージーは葉酸飲料部門でアメリカ、フランス、日本、シンガポールでランキング1位を受賞しています。
やはり、つわりのひどい妊婦さんにとってとても人気のようです。

葉酸の他にもカルシウムや鉄分が豊富な事が特徴です。

味も妊婦さんに優しい酸味を抑えたマンゴー味なので、飲めないと感じる人はほとんどいない事も特徴です。
既に試した人の感想では、牛乳やヨーグルトと混ぜると、よりスムーズに飲むことができるようです。
私も試しに1杯牛乳割りを試させてもらったのですが、フルーツ牛乳みたいでとても飲みやすかったです。

特にサプリに抵抗がある妊婦さんには最適なスムージーといえます。
(葉酸おすすめランキング)

葉酸とダウン症の関係

葉酸を摂れば赤ちゃんのダウン症リスクが減るの?

葉酸とダウン症

近年、葉酸がダウン症のリスクを減らすとの論文がいくつか発表されているそうです。
今まで、学会で証明されているのは、葉酸は神経管閉鎖障害のリスクを減らすという事です。
ダウン症のリスクを減らすという証明は未だありません。

1970年代当時欧米では神経管閉鎖障害を持って生まれてくる赤ちゃんの数は1万に16人の割合でした。
それから国を挙げて葉酸摂取を国民に推奨しました。
(時にはパンの中に練りこむように義務付けた時代もあったそうです)
そのおかげで現在では、1万人に3人の割合にまで減っています。

日本国が葉酸摂取を推奨し始めたのは2000年からです。
葉酸後進国です。
日本は他の国で実績が上がったものを採用する慣わしがありますので、どうしても他の国よりも出遅れ感がいつもあります。
妊娠を望む女性で葉酸を摂取している人は20%にも満たないといわれています。
それほど日本では葉酸の認知度が低いのです。

現在の日本では1万人に6人の割合で神経管閉鎖障害の子供が発生しています。
欧米よりも2倍多いです。

もう一つ、興味深いデータがあります。
日本でダウン症を持って生まれてくる子供はアメリカの8倍、イギリスの6倍であるという事です。

いかがでしょうか?
学会で因果関係は未だ証明はされていませんが、葉酸を摂取している人は葉酸を摂取していない人に比べて、ダウン症の子供を持つリスクは少ないといえるのではないでしょうか?
葉酸はダウン症に密接に関係するDNAの材料です。
(葉酸おすすめランキング)

葉酸をほうれん草から摂る場合の注意点

ほうれん草から葉酸を摂れば効率は良いの?

ほうれん草葉酸

葉酸といえば、ほうれん草が有名ですよね。
しかし、あまり効率の良い方法とはいえません。
葉酸は水溶性ビタミンなので、熱や水に弱いのです。
生で食べる事はあまり無いと思いますので、茹でたほうれん草で、100gあたり110μgの葉酸が含まれています。
吸収率は半分程度ですので、実際は50μgくらいと考えておいたほうがよいでしょう。
厚生労働省が推奨する1日の葉酸摂取量は480μgです。
ほうれん草だけで葉酸を摂ろうと思えば、かなりの量が必要になります。

実はほうれん草から葉酸を摂取するのは効率があまり良くないだけではありません。
ほうれん草にはシュウ酸という成分も含まれています。
シュウ酸はカルシウムと結合して結石になってしまいます。
女性にはあまり縁がないと思うかもしれませんが、近年女性にも増えている病気です。
女性の場合は尿路が短いので尿路結石の危険性はあまりありませんが、腎臓結石が増えています。
ほうれん草を食べたときに口の中にえぐみを感じたことはありませんか?
あれは、シュウ酸とカルシウムが結合している時に感じる味です。

ほうれん草は鉄分も葉酸も含まれるので、妊活中や妊娠中に多く食べてしまう人も多いですが、過剰摂取には注意しておきましょう。
葉酸はサプリから摂るのが一番安全でコストも安いです。
(葉酸おすすめランキング)

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます