妊娠中はアルコールは厳禁ですが、妊活中はどうでしょうか?

現在のところ、アルコールが妊活に影響するというデータはありません。

しかし、女性がアルコールを摂取すると妊娠率が半分以下になってしまうとの実験結果がある事も事実です。

ただ、一つ言える事は、お酒を飲むと発生するアセトアルデヒドや活性酸素は胎児に悪影響を与えてしまうという事です。

つまり、妊娠が判ってからお酒をやめると、大きいストレスが発生する事もありますし、胎児に悪影響を与えてしまうので、

妊活中からお酒をやめることがベストの選択と言えるでしょう。

また、もう一点重要な注意点として、アルコールは卵子の質を低下させるという報告もあります。

アルコールは活性酸素を発生させる事がわかっていますが、活性酸素は卵子細胞を老化させてしまうのです。

ただ、アルコールはストレスを抑える働きもありますので、活性酸素を抑える働きがある赤ワインを少したしなむ程度に抑えておくことをオススメします。

アルコールは精子をも劣化させる可能性があるようです。

男性がアルコールを摂取して授かった子供は胎児異常は少ないようですが、総じてIQが低いことが判っています。

男性も女性も妊活中のアルコールは控えておいたほうがよいようですね。