アメリカでは妊娠ガイドラインに、妊活中にインフルエンザを接種しておく事が記載されています。

妊娠中にインフルエンザにかかってしまうと、高熱が出て周りにも感染しますし、赤ちゃんへの悪い影響も少なくありません。

大切なのは、妊娠中にインフルエンザにかかってからワクチンを打っても遅い、という事です。

ワクチンはあくまでも予防の為なので、インフルエンザにかかる前に打っておく必要があります。

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンなので、毒性はありません。

想像してみてください。

インフルエンザワクチンを接種せずに妊娠して、赤ちゃんが生まれた後、あなたや赤ちゃんがインフルエンザにかかった時の事を。

あなたは高熱が出て苦しみますが、母乳の成分を保つために薬や注射は打てません。

赤ちゃんは生まれてから半年は病院にかかっては良くないといわれていますし、インフルエンザワクチンも打つことができません。

また、周りの人にも感染してしまう恐れもあります。

自分がインフルエンザワクチンを打っておかなかったために赤ちゃんにも迷惑をかけてしまいます。

妊活中にワクチンを打っておけば、赤ちゃんにも抗体がちゃんとできます。

生まれてから半年は効果もちゃんとあります。

妊活中は夫婦揃ってインフルエンザワクチンを接種しておく事をオススメします。