amoamo
amoamo(アモアモ)は、

『妊娠前、妊娠中、産後、いつでもご愛飲頂けます』

『経済的なので、永く続けられます』

『安心・安全の国内工場生産です』

がキャッチフレーズのマカと葉酸が入った妊活葉酸サプリです。


葉酸サプリを選ぶ3つのポイント


葉酸サプリは3つのポイントをしっかりおさえておけば、大きく間違える事はありません。

葉酸の種類


葉酸には大きく分けて2種類あります。

●モノグルタミン酸型葉酸…
厚生労働省が推奨する、副作用が無く、世界で効果が認められた合成葉酸です。

●ポリグルタミン酸型葉酸…
吸収率がモノグルタミン酸型の半分程度しかない、効果や副作用のデータに乏しい天然由来の葉酸です。


amoamo(アモアモ)はモノグルタミン酸型葉酸になります。
一見すると天然葉酸の方が良いように見えますが、天然でも妊娠にとって良くない成分もあります。
また、臨床実験のデータ数が圧倒的に少ないデメリットがあります。


成分量開示


葉酸サプリの中には30-40種類の成分を配合しています、というものが沢山あります。
種類が多いものに限って成分量を開示していないものが多いのです。
大きなタンクの中に1滴だけその成分を入れても、それは配合した事になってしまいます。
なので、成分量の開示は大切です。
amoamo(アモアモ)は、
葉酸 400μg
亜鉛 7mg
ルイボスエキス末 30mg
マカ粉末 300mg
などなどちゃんと成分量開示を行っています。


GMPマークの有無


GMP
GMPマークとは、衛生的で生産中に異物が混入しない生産ラインか、設計通りの成分量でサプリが作られているか、などの証明になります。

GMPマークが無いと、たとえば、虫が沢山いるような小屋の様な工場で私服の作業員が手作りで作っている、なんてこともあり得る訳です。

amoamo(アモアモ)は、ISO認定の国内工場で作られていると説明がありますが、GMPマークはありません。


amoamo(アモアモ)のまとめ


モノグルタミン酸型葉酸、成分量の開示は評価できますが、肝心のGMPマークがありません。

いくら素晴らしい内容でも、その成分量の証明が無ければ意味がありません。

ただし、マカが配合されている葉酸サプリは妊活中の女性には最適です。

マカは血管拡張作用があり、冷え性の改善に効果があります。
冷え性は妊娠の一番の大敵と言われています。
また、副作用についてですが、飲み始めて基礎体温が乱れるのであれば、すぐに服用を止めましょう。
妊娠してからの子宮収縮作用の報告はありませんので安全です。
ただし、妊娠に気付いてからの服用はホルモンバランスを崩す可能性があるので避けた方が良いとされています。

葉酸の服用で胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすのは、妊娠1ヶ月前から妊娠後3ヶ月までです。
「あっ、妊娠したかも」で、飲み始めるのは少し遅いのです。

であれば、妊活中にマカと飲み始める事が理想といえます。

(amoamo(アモアモ)公式サイト)