妊活ママの葉酸巡り

妊活ママの葉酸巡り

1人目妊娠中に葉酸を始めたが、タイミングを間違えた事に気付き、2人目妊活では最高の葉酸を与えようとめぐり巡った末にたどり着いたのが・・・

記事一覧

妊活中のお風呂の入り方

妊活には冷え解消がかかせません。

冷えはホルモンバランスや子宮の血流に大きな悪影響を及ぼします。

特に末端冷え性は注意が必要です。
流産や着床できない原因の大きなものが冷えであるという事を覚えておいてください。

冷え改善には身体の内から改善する食事療法と、外から改善するお風呂の方法があります。

外から改善するお風呂には大きな注意点があります。

それは、急に温めすぎないという事です。

具体的には熱いお風呂は避けましょう。

温かいと感じる温度で30分ほど半身浴で入る事が効果的です。

熱いお風呂だと心臓に負担をかけてしまい、活性酸素を大量発生させてしまいます。

あくまでも熱いと感じない温度で長く浸かりましょう。

半身浴で第二の心臓と言われる足の血流が良くなり、心臓に負担をかけることなく、全身に温かい血流が流れて、ドロドロだった血液もサラサラになってきます。
頭部にほんのり汗をかくくらいが理想です。

また、生理中の入浴方法ですが、お風呂だと雑菌が侵入してしまう恐れがあるのでシャワーにしておきましょう。
冷え解消として『足湯』をおすすめします。

足湯であれば温度を気にする必要はありません。
少しピリッとする温度がよいでしょう。

桶とポットとタオルを準備しておいて、桶に半分くらい水を張った状態でポットのお湯を注ぎます。
自分で丁度良いと感じる温度で足を入れてください。
5分くらいすると冷めてくるので、ポットのお湯を足してください。
すごく気持ちいいですよ!!

また、足の臭いが気になる方は『お酢』をコップ半分くらい入れてみてください。
臭いの原因である細菌をお酢が殺菌してくれます。

妊活中に運動は効果があるの?

妊活中の運動は一般的に効果が高いと言われています。

運動は筋肉をつけますので、血流改善に大変効果があると言われています。
血流が改善されると、冷えも改善されるので、妊活には大変良い影響を及ぼします。

ただし、これらは全て軽い運動に限られます。

軽い運動とは、少し汗をかくくらいのレベルだと覚えておいてください。

妊活中に注意しなければならない運動は激しい運動です。

激しい運動は活性酸素を大量発生させますので、卵子の質を低下させます。
これは男性にも同じ事がいえますので、精子の質を低下させてしまうことに繋がります。

運動に関しては女性よりも男性の方が注意が必要です。

睾丸を圧迫する運動といえば、自転車です。
また、ジムで行う運動もあります。

男性が長時間自転車に乗ると、精子の量と質が落ちることが証明されています。

また、温める行為も精子には大敵です。

例えば、サウナ、ブリーフを履く、など全て睾丸を温めてしまう行動です。

これらは全て精子の質を落とし、量もかなり減ってしまいます。

妊活中は温める事と、圧迫することはなるべく避けて、涼しい環境で質と量を増やすことが妊活の可能性を上げるポイントとして覚えていたほうが、良いと思います。

妊活中とインフルエンザの関係とは

妊活中に一番大切と言っても過言ではない事があります。

それはインフルエンザなどの予防接種です。

妊娠すると、市販の風邪薬、痛み止めなどは成分量が抑えてあるので飲んでも問題無いとは言われていますが、妊娠中の薬は飲まないに越したことはありません。

特に病院で処方される薬は副作用が強いものが多く、妊婦さんは飲んではいけないものが多いのです。

ただ、人間ですので生きていれば病気をする事もあります。

風邪やちょっとした病気で市販薬で解決できるものであればまだ良いのですが、インフルエンザなどにかかってしまうと大変です。

市販薬では解決できないものが多く、病院に行っても薬を処方してもらえません。

40度を超える熱があるのに治療することが出来ないことほど辛いことはありませんね。

ですので、妊活を始めようと思ったら、まずは予防接種を受ける事をオススメします。

因みに、今まで受けてきた予防接種って記録してますか?

予防接種は受けてから数年経つと免疫が無くなってしまう事も多いのです。

記録をつけていないと自分にどの抗体があるか、いつ受けたものなのかがわからなくなります。

そんな時に便利なのが『抗体検査』です。

自分に今、何の抗体があるのかを調べることができます。

お住まいの役場に聞いてみるとすぐにわかるはずですよ。

妊活に亜鉛は有効?

妊活に亜鉛は効くのでしょうか?

結論から申し上げると、貧血気味の女性には効果があるようです。

血液が不足すると子宮への栄養やホルモンバランスに乱れが生じます。

当然、妊活にも影響します。

また、妊娠後の胎児の体重に大きく関係します。

貧血気味のお母さんから生まれた赤ちゃんは未熟児の例が多い傾向がありますが、厚生労働省からのデータによると、妊娠中期の妊婦24人に亜鉛を投与したところ、2,500g以下の未熟児が生まれる例がほとんど無かったという結果があります。

亜鉛は貧血気味のお母さんに効果があるようですね。

ただし、1日の摂取上限が15mgと発表されていますので、この数値を超えないように摂取しましょう。

過剰摂取の場合は、銅欠乏症、吐き気、腎不全の症例があります。

妊娠後期に大量摂取してしまうと死産や未熟児産の例もありますので注意が必要ですね。

男性の妊活にも効果があると言われてはいますが、こちらも大量摂取すると前立腺がんのリスクが高まります。

男性も女性も1日の摂取上限をしっかり守りましょう。

因みに亜鉛を多く含む食材としては、
生牡蠣 13.2mg
豚レバー 6.9mg
ほや 5.3mg
牛肉 4.9mg
※全て100g中に含まれる数量です。

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます