妊活ママの葉酸巡り

妊活ママの葉酸巡り

1人目妊娠中に葉酸を始めたが、タイミングを間違えた事に気付き、2人目妊活では最高の葉酸を与えようとめぐり巡った末にたどり着いたのが・・・

記事一覧

うつに葉酸は効果的なのか

葉酸がうつに効果があると聞いたけど本当?

うつ葉酸

妊活中にうつになってしまう女性は多いようです。
多くは不妊症だったり、生理前症候群(PMC)の影響であると考えられています。

近年になって、葉酸がうつに改善効果があると学会で発表された事から、心療内科でうつの患者に葉酸を処方する医者も増えてきたそうです。
どのような内容かというと、抗うつ剤単独よりも葉酸を併用した方が効果が高いとの結果が出たそうです。
葉酸単独でのデータはまだないらしいのですが、うつの改善には役に立つ可能性は高いようです。

ただし、口コミレベルだと、葉酸単独でも効果が高いという内容が多い事は間違いありません。

妊活中にうつになったり、ストレスが溜まってしまう女性が多いようです。
妊活中のストレスは活性酸素が発生して、卵子の老化を早めてしまいます。
卵子が老化してしまうと、妊娠の可能性も低くなりますし、妊娠しても流産のリスクが高まってしまいます。
こういったストレスを防ぐためにも、妊活中から葉酸を摂取する事はとても重要だと考えられています。
葉酸は赤ちゃんの神経を正常に育てるだけでなく、お母さんの神経も正常に保つ効果のある成分です。
(葉酸おすすめランキング)

葉酸はいつから飲み始めるのが理想的なのか

葉酸って妊娠してから飲めばいいの?

葉酸いつから

葉酸は赤ちゃんの神経が作られる時期に最も必要になる成分です。
赤ちゃんの神経は、妊娠してから10週目までにほぼ完成します。
この時期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんの神経が正常に作られないことがあります。
葉酸が不足すると、赤ちゃんの脳が無かったり、一部が欠けている『神経管閉鎖障害』という病気のリスクが高まります。
通常、3ヶ月診断の時に赤ちゃんのエコー検査で判明します。
もし、神経管閉鎖障害である事がわかれば、どのお医者さんでも堕胎を勧めます。
なぜなら、脳が無い状態生まれても生きていく事が出来ないからです。

さて、葉酸はいつから飲み始める事が理想なのかについてです。
一般的に、妊娠に気付くのは妊娠後4-8週目だと言われています。
例えば6週目で気付いたとして、葉酸を飲み始めたときには残り4週しかありません。
最初の6週間は葉酸が不足している状態で神経が作られます。
このリスクは低いものではありません。

つまり、『あっ!妊娠したかも?』のタイミングで葉酸を飲み始めては既に遅いという事です。

厚生労働省は妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月目までの葉酸摂取を推奨しています。
妊娠1ヶ月前とは、妊活中から飲み始めましょうという事です。
(葉酸おすすめランキング)

葉酸と亜鉛はどちらが重要なのか

葉酸と亜鉛はどちらが大事?

葉酸亜鉛

この2つの成分で悩んでいる人は結構多いようです。
なぜなら、妊婦さんは産婦人科の先生から葉酸と亜鉛を普段から摂っておくようにアドバイスされるからです。

葉酸は細胞のDNAの核となる拡散を作り出します。
亜鉛は細胞分裂の際に大量に使われます。

つまり、受精してから赤ちゃんの細胞が順調に増えるようにこれらの成分を摂っておいたほうが良いと言う事です。

厚生労働省から推奨されている1日の葉酸摂取目安量は480μg。
亜鉛は11mg。

葉酸はサプリから摂るのが一番ですが、亜鉛は普段の食事でも意外と摂れるものです。
例えば、牡蠣には13mg/100gも含まれています。
他にも豚レバー7mg/100g、卵黄4mg/100gなど。

この中で摂っては危険なものがありますので、注意が必要です。
それは豚レバーです。
豚に限らず全てのレバーにいえることですが、含まれている動物性のビタミンAが危険なのです。
動物性ビタミンAであるレチノールを過剰に摂取してしまうと、水頭症などの障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性が高くなります。
ビタミンAの入っている葉酸サプリでも紹介していますが、ビタミンAが入っているサプリメントには注意が必要です。

葉酸サプリメントには他にも色々成分の種類が入っているものがありますので、しっかりと配合量を確認して選ぶようにしましょう。
(葉酸おすすめランキング)


男性にも葉酸は必要なのか?

男性も一緒に葉酸を飲んで欲しいけど大丈夫?

葉酸食品

男性も葉酸を飲んでも全然大丈夫です。
女性は受精卵が細胞分裂する際に葉酸が大量に必要になります。
これは、細胞の中にあるDNAの材料である核酸を作り出すのが葉酸だからです。
ですので、葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害などの障害をもった赤ちゃんになります。
このリスクを防ぐために女性は妊娠前1ヶ月から妊娠3ヶ月までの摂取を国から推奨されているのです。


じゃあ、男性には特に必要ないの?

必要ないことはありません。
女性にとって、男性も一緒にサプリを摂取してくれるほど心強い事はありません。
男性も一緒に飲むことによって、飲み忘れを防止することもできますし、女性の気持ちも理解が深まるはずです。
この心理的作用が一番の必要性です。

実質的にも葉酸は男性にとても有効です。
実は男性も細胞を作り出しているのです。
それは、睾丸の中で精子を24時間休まずに作っています。
精子もDNAを持った細胞です。
つまり、精子製造の際も、葉酸を使って細胞の核酸を作っているのです。
しかし、年中作っていますので、中にはDNAに異常を持った精子も出来てしまいます。
これは、若い頃よりも年をとってできた精子の方が染色体異常を持った精子が発生しやすい事がわかっています。
この精子が受精したらどうなるでしょうか?
そうです、染色体異常のまま、細胞分裂を繰り返し、障害を持った赤ちゃんが生まれてしまいます。

男性は葉酸を摂ると、染色体異常の精子が減ります。

ですので、男性も女性と一緒に葉酸を摂る事が望ましいのです。
(葉酸おすすめランキング)

 

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます